高校英語教師の授業日記

思ったことなどを時々書いてます
blogbebe.exblog.jp
by blogbebe
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
辞書引きの練習
2005年 04月 27日 |
英語の辞書を引いたことがない子がたくさんいる。最近の中学校の教科書には、後ろの方に単語の意味が出ているものがあるのでそれを見ていたらしい。また、市販の「単語集」のようなものもずいぶん充実しているし、辞書なんて引かなくたって事足りていたのだろう。

でも、工業高校とはいえせっかく高校生になったのだし、発音記号もそうだけど辞書を引く練習なんかもやっぱりこの新鮮な時期を逃してはならないと思い、今日は連休前だからちょうどいいと思ってあるクラスで辞書引きの練習をさせた。

といってもただ単語を引くだけじゃ面白くないので、「ドランクドラゴン」とか「カンニング」とか「エンタ」とか(お笑いばっかりじゃないか・・)「オレンジレンジ」とか、カタカナで作られているけれども意味が分からないものを引いてみよう、といってみた。

教室でいろいろ出させて、それをスペルに直してひかせようと思っていたけどやっぱりあまり出てこなかったので、私の方でいろいろと考えて行ったものを黒板に書き、ここから好きなのとか興味のあるものを10個選んでプリントに記入して、という課題にした。

発音記号もやりはじめたところでまだ多いクラスで8個しかやってないので、辞書にはいろいろな妙な記号が出てくることを発見して驚いていたり、名詞・動詞・形容詞という品詞の区別をやったのだが、それが辞書にちゃんと出ていることを見つけたりと、結構よい活動になった。

でも一人、私が英和辞典だと思って貸しだしていた辞書が(注:辞書はみんな持っていないし買うつもりもないので、授業中に貸し出しています)和英辞典だったのに、それで無理矢理引こうとしたらしく、「オレンジレンジ」のrangeを引かなくてはいけないところを、和英で「レンジ」と引いて英語がovenと出てきたからって、単語を記入する欄に「レンジ」と日本語で書き、発音記号のところにovenの記号を書いていた強者がいた!!

すっごいです・・

あとはまあお約束と言えばお約束ですが、普通に男子高校生が辞書を手にしたらまず引くような語(敢えて書きませぬ)を引いて喜んで興奮しているヤツも。・・ま、これはお約束ですから、ハイ。

あとはまあなんとか多い子は10個引けたし、少ない子でも5個は引けていたようなので(時間は30分くらいでした)、良い練習になったかと・・。これからの授業でも少しでも引く時間を取ってあげられると良いのですがね。まあ無理でしょうけど・・。

連休明けからは(連休中も暦通り普通に授業はありますが)いよいよ文に入って行くつもりでいます。中間テストは主語・述語までかな。疑問や否定までやれると良いと思っています。無理かなあー。

あと一日で連休だー\(^_^)/
[PR]
by blogbebe | 2005-04-27 19:52 |
<< 「オレ様化する子どもたち」 ページトップ そろそろ本性が >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon