高校英語教師の授業日記

思ったことなどを時々書いてます
blogbebe.exblog.jp
by blogbebe
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
事務作業&事務作業
2004年 07月 14日 |
a0027280_204634.jpg
あぁ。どうして学校というところはこんなに事務作業が多いんだろうか。今日も1日、紙をいじってばっかりいた。。(- -;;)

午前中は出来上がってきた「学校要覧」の訂正。何度か見直したつもりだったが、やっぱりミスはあった。その部分を訂正したものをつくって、その大きさに切って、上からノリで貼る、貼る、貼る・・・大きさ的には私の小指の第一関節から上くらいの大きさの紙。それをスティック糊で貼る。水糊はダメ、よれよれになるから。私の隣の席に座っている若い国語の元気な先生は、「私、こういう仕事は『イーッ』ってなるからダメ!」と言っていた(笑)。

それから少し時間があったので、図書館の返却期限が迫っている、メイナード泉子さんの「情意の言語学」を1時間くらいこっそり読み、その後はお昼を食べてからまた今度は別の事務作業。明日の成績会議の資料作り。

うちは工業高校だけあって(かどうかわからないけど)、なんかビックリするようなハイテクな機械が入っている。この資料作りも、前の学校ではすべての資料を並べ、はじから1枚ずつ重ねて行って冊子にしていたのだが、ここではその資料を一種類ずつ、その機械の棚みたいなところに置いて、ピッとスイッチを押すと「スパスパスパスパ」と言いながら、1枚ずつ重ねられていって、下の段にすべて重なったものが出てくる!!

す・・・すごい!さすが工業高校だ!!

3年前に初めてこの機械を見たとき、私はものすごく感動した。前の学校で、あんな時間をかけて資料作りをしたのがバカみたい・・。となりの席の国語の先生は今年異動してきたのだが、やっぱりエラい感動していた。「前任校の人たちに自慢しよう!!」と言っていた。・・・たぶんそれは前任校の人たちに初めて自慢できる事柄であろう。(私もそうだった --;;)

しかしこーゆー機械は、間違えると大変である。順番を間違えてセットしたことに気付いたのは、いざ、それらを重ねてホチキス止めをしようとしたときだった。あーあ、No.2とNo.3が逆になってる・・・。

結局、「15分で終わるよね」とタカをくくったのが災いしたか、ずっと時間はかかってしまったが、一応無事完了。

そして2時半から5時までは、会議。。。

資料があるんだから、読んで済ませられるものはいちいち説明しないでよね・・といつも思う。休暇を取って帰った先生がうらやましい。そして、その会議の場でもまたいくつかの腹の立つようなこともあり・・・

なんか、また今日は1日、「時間を売った」という気分になった1日でありました。

でも、メイナードさんの本は面白いです。これから何冊か読んでみようかと思っています。そこで出てきた、中村雄二郎の言語に関する本も、図書館に予約しました。夏休みはたくさん本を読みたいな。

※写真はちょっとぼけてしまって残念・・・タイユバンで出たデザート♪♪でも結局ケーキは選ばず、マンゴーとココナツのデザートと、クレーム・ド・ブリュレを頼んでしまいました。
[PR]
by blogbebe | 2004-07-14 20:47 |
<< 生徒たちにとっての成績 ページトップ 「この部屋はボブが掃除した」考... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon