高校英語教師の授業日記

思ったことなどを時々書いてます
blogbebe.exblog.jp
by blogbebe
Top
<   2005年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 09月 30日 |
私立女子校生の集団と一緒になってしまった。あっちゃーと思ったけど、とてもてきぱきとスムーズに電車に乗り込んでくるし、みんな服装や髪型なども派手派手しくなくて嫌な感じが全くしなかった。しばらく彼女たちの話を聞くともなく聞いていたのだが、私立の中高一貫校で、どうやら合同で体育祭の練習があったらしい。中3が何度注意しても並ばないとか、おしゃべりばかりしているとか、ラインを踏んじゃいけないのに何度言っても踏んでしまうとか、なんか上級生として下級生をきちんとさせようという気持ちが見えて、とてもほのぼのとした。

今の学校にはほとんど女の子もいなくて、男同士の関係っていうのはさっぱりしてるんだけど私には今ひとつ理解できないというか物足りないというか・・。マナーも想像できない程ひどい子たちが山のようにいて、目を覆いたくなるような出来事が多い。

それに今日もずいぶん彼らの授業態度にはため息が出たし。窓から平気でゴミを捨てるし。机の周りとかぐちゃぐちゃな子が多いし。

さっき、金スマでベストテンの裏話をやっていたんだけど、それを見ていても、今のテレビとは全然違う何かを感じた。それは単なるノスタルジーなのか?いや、でも人間くさいし、黒柳徹子も久米宏も、今テレビのバラエティーに出ている人たちには感じられない知性のようなものを感じるし。そして番組自体にもとても勢いとこだわりがある感じがした。

女子高生の会話とベストテンの番組と、全然関係はないのだが、それらに癒されている自分を発見し、目に見えないいろいろなものに疲れているのだなあ、と思った。明らかに「これはイヤ」と意識できなくても、きっと小さいけれども本当はイヤだと思っていることが日常の中にたくさんあるような気がする。
[PR]
by blogbebe | 2005-09-30 23:25 |
2005年 09月 29日 |
疲れ気味、と昨日は書いたが、昨晩よく寝たら今朝は元気でした(^▽^;)このO型体質が教師には必要な素養と思います。真剣に考えたらやってられるかいな。

今日は本物の学習院、2年4組と、私の生き甲斐、1年3組、それと、まあまあ生き甲斐の1年4組の3コマでした。

2年生は1学期の間、本当に大人しくて何を考えているかわからないと言うか、一応いわれたことはやるけど、だからといってあまりにも高いものを求めると静かに嫌がるって感じのクラスで、緊張して1学期間は送っていたのですが、今学期、少し音楽を取り入れようと思って授業の始めに穴埋めとか並べ替えとかそういう類いの単なるリスニングですが、適当に選んだ音楽(去年使ったのとか今年1年生で使ってるのとか)をやってみたらこれが結構評判がいい。今日も、1年生で使っているCan't buy me loveをやってみたら、1年生みたいにパズルをやるのもいないし、結構すぐに聞き取れて「さっすが2年生」と思いました。成長してないように見えて(特に英語は)、実は成長しているのか?その後の授業ではあと15分の所で「あと15分しかないし」といったら「えっ?あと15分しかないの??」という言葉が飛び、嬉しかったですね〜。1学期はあんなに長く感じた50分なのに、今はあっという間だ。

1年3組は最近ちょっと生き甲斐じゃなくなってる。っていうのも、調子乗りが何人か幅を利かせ始め、そいつらが結構できるので、答えをバンバン言ってしまうため、他の子たちにスポットを当てられないからだ。できない子たちだって一生懸命やってて、当てられたり構われたりしたいはず。なのに、自分がわかってるとどんどん答えちゃう。その子も寂しいんだと思うけど。

1年4組はAくんが最近大変で、おしゃべりがすごく、要領だけで生きてる感じ。しかも大声でしゃべるため、何人かはあからさまに嫌な顔をしているんだけど、それでも表立って注意するとめんどくさそうな雰囲気が漂っていて、誰も本気で注意しない(私の仕事か・・)。

でも、きちんと取り組んでいる子がたくさんいて、Can't buy me loveも結構訳せるんだ。すぐには無理だけど、プリントでやったSVOOとかSVOCとかの例文をもう一度出して、黒板で説明し、そのあとで「これも同じでしょう?」というと考えて答えを出してくる。もしかして、レベルがちょうどいい?曲はあまり好きじゃないんだけど、もしかしたらこれは当たりの教材かもしれない。

明日は1組と5組という大変なクラス2つ。と言っても最近ではその二つよりも、サル軍団の方がずっと大変で、かなり憂うつなんですが。とりあえず明日はそのクラスはないので何とかなるでしょう。。かね?

その日その日で雰囲気が大違いだから予測不能。今日は行けるかな?って私が思っていても全然ダメなときもあるし、逆なときもあるし。不安定な子が何人いるか、とか、気温はどうか、とかそういうことにおそらく左右されているのだろうと思います。もちろん私の元気度も・・。

すみません、ちょっと精神的余裕がないのでコメント欄はしばらく閉じさせていただきますm(_ _)m
[PR]
by blogbebe | 2005-09-29 20:29 |
2005年 09月 28日 |
1年生が結構大変になってきて、やや疲れ気味。その上さっき、へんな「教師大集合」みたいな番組を見ちゃって、そこで徳光さんが最後に「教師って報われない聖職者ですね」っていうコメントを残していて、それがなんかとても傷ついた。報われない聖職者って・・なんかひどくないですか?

でも、しっかり寝て、明日も元気でがんばれるように。

ホント、肉体労働だわ。。(-。−;)
[PR]
by blogbebe | 2005-09-28 23:07 |
2005年 09月 25日 |
今日は、私がこの数年間ずっと私に元気をくれていたエアロのインストラクターの最後のレッスンでした(T_T)

今日は朝から英語研究会があるのでそれを仕方ないけど早退してこようと思っていて、昨日の夜から支度はしていたのだけど(といっても予習は別の理由で半分くらいしか終わってなかった)、朝になったら「あぁ、今日でエアロが最後だ・・」という何ともいえない緊張感のようなものに支配されてしまって、英語を勉強する気持ちに全然なれませんでした・・先生スミマセン。。

いつもより早く家を出て、送別会のお知らせの紙をコンビニでコピーし(幹事を引き受けてくれた方が身内にご不幸があって今日は来られなかったのです・・)、緊張して出かけました。

今日はいつもよりやはり参加者が多く、イントラさんもどことなく気合いが入っている感じで、いつもはさらっとする注意をたくさんしてくれたり、休憩時間もほとんど取らないでしかも10分もオーバーして熱心に教えてくださいました。実はちょっときつかったけど・・σ(^_^;)

今日はこのあと別のクラブでレッスンがあると聞いていたので、花束などはナシ。また送別会やるしね、ってことで今日はいつもより最後の拍手が長かったくらいで「なんか今日で最後って気がしないね」ってイントラさんもいうくらい、普通に終わりました。

だから私も何となく普通〜に帰ってきたんですけど・・でも帰ってきてからかなりの虚無感。本当に来週からもうないの?

以前、私がエアロを初めてすぐのころは、このイントラさんは今のスタジオで3個くらいクラスを持っていた。私はそのうちの2つに出ていて、でもそれが変更になって火曜の夜9時からのクラスが終わると聞いたときは本当にショックで、そのときはマジで泣きそうだった。でも今日はそんなことないから、たぶん私の中でももうそこまでエアロに頼らなくても元気にいられるようになったのだと思うけど、でもそうなったこともなんか時の流れを感じて切ない。

これからこのイントラさんのクラスがなくなって、私の中でエアロビクスがどうなっていくのかというのは全然わからないけど、とりあえずは運動する習慣がついてしまっていてもうやめられないとは思うので、もう一人のイントラさんの、いつも出ているクラスに出つつ、なんとなく続けていくのだろう。

いろんなことが変わっていくなあ。両親もずいぶん年を取ったし。

なんとなくしんみりとしてしまう、秋の一日でした。

送別会では飲むぞ〜〜〜o(⌒▽⌒)o
[PR]
by blogbebe | 2005-09-25 19:47 |
2005年 09月 24日 |
宮台真治さんのブログを久しぶりにのぞいたら、なるほど・・と思われるような文章にであった。難しくてよくわからないところもいくつかあるし、そんな風にうまくいくのかいな、というのもあるけど結構目からウロコが落ちたのでリンク→「選挙結果から未来を構想する」

フリーターがフリーターのまま幸せになれる社会、って結構いいな。そうなれば今みたいに来たくもない子が親にいわれて嫌々学校に来ることもなくなるだろうし、大学だって本当に勉強したい人が集まるだろうから、先生方が営業にでなければならないなんていうくだらない仕事はなくなるはずだ。
[PR]
by blogbebe | 2005-09-24 09:11 |
2005年 09月 23日 |
異動に関わる文章を執筆中ですがもう今日は頭も心も疲れたのでやめて残りは明日にします。

頭が疲れるのはいいとして、心が疲れるのはやはり今ひとつ気持ちが乗り切ってないから。ちがうちがう、私はもっと違うものが読みたいし書きたいんだ、と心が叫んでいる(って大げさだけど)。

でも無理矢理、認知言語学を登場させてさりげなくつなげてみました(笑)これでダメでも今年はもう本望だわ。

まあきっとどこかにいる神様が最終的に判断を下してくださることでしょう。

しかしさっきまた「もうやだーー(`ヘ´) 」と夫に愚痴っていたら、「あんた、いつもそういうの書くときクサってるよねえ」と呆れられました。覚えてないのですが、大学院の入試のときの2次の論文を書いてるときも、だいぶ荒れたらしい。夫はその頃あまり調子が良くなく、自分も大変だったでしょうに、私に散々愚痴をこぼされてさぞかし精神的に大変だったでしょう・・、申し訳ないです(;^_^A

でも院試の論文はあとから読み返したらひどい代物でしたねえ。その当時はそれで精一杯だったんだけど。でも薄ーーい知識を最大限に広げているのがよくわかる。よく受かったもんだ。(だから私は密かに「顔で受かった」と思っていたりする(⌒-⌒))

さ、細木数子でも見て心癒されましょう(ムリ)
[PR]
by blogbebe | 2005-09-23 20:35 |
2005年 09月 22日 |
1年生は習熟度別展開授業をしているのだけど、5クラスのうち2つAクラス(上のクラス)と3つBクラスを私は担当している。

そのうちの2つのAクラスは本当によくできる(ったって中2レベルですけど)子たちばかりで、しゃべっていてもやるときはやるし、質問もどんどんしてくれるし、私としては本当にかわいい子たちばかりだ。で、そんな風だから授業もBクラスとは進み方が全然違っていて、もう文の構造は全部終わってしまった。この子たちはまだ完全には定着してないけど5文型が全部書ける。もう基礎の基礎は固まった感じだ。

で、中間テストまでまだ時間があるので、何か音楽をやろうと思って、でもなかなか2学期になってからやったSVOOとSVOCが両方入っている曲と言うのはなく、私の調べられる限りではビートルズのCan't Buy Me Loveしかない。しかたないからこれにした。

まずは歌詞をB4版にコピーしたものをパウチして、2行ずつハサミで切って、一曲分をワンセットにし、それを7セット作った。これで20人のクラスでも2、3人のグループで歌詞の並べ替えができる。

さっそく今朝できたてのそれを授業で使ってみたけど・・ちょっと曲が速かったみたいだ。パズルで完成させるグループもいくつかできてしまった・・。(ハサミで切るので、やや斜めになったり曲がったりして、それをうまくパズルのようにつなげると完成してしまう。)

でも、グループによってはちゃんと聞いて並べ替えているところもあったし、何より楽しそうに盛り上がったからいいか。このあとこの歌詞を訳し、読む練習をし、読みのテストまでやろうと思っている。

Bクラスは無理だなー。またお決まりのSugar Babyでもやってお茶を濁すか。でもこの中にSVOOは出てこないんですよね。makeがSVOとSVOC両方に使われているというメリットはあるんだけど。

なんかいい曲ないかなあ。去年はSugar Babyもそうだけど「ピン」ときたのがたまたまうまく行く、といういい流れだったんだけど、今年はそういう神が降りてこない。テレビドラマもあんまみてないし。女王の教室は不思議なフルート曲とかでしたしね(笑
[PR]
by blogbebe | 2005-09-22 22:26 |
2005年 09月 21日 |
今日の職員会議で面白い資料が出た。一生懸命、事務長さんが説明しているのに、私は隣の席の社会の先生からそれを見せてもらい、思わず声を出して笑ってしまったし、それを隣の英語の先生に伝えたら彼女も思わず声が出てしまって口を慌てて押さえていました。

うちの学校は「機械警備」というのが入っていて、最近はほとんどの学校(全部か?)がそうなっているんですが、警備員さんを置かないで、学校を最後に出る人が学校全体にSECOMみたいな設定をして帰り、夜中に誰か不審者が侵入してくると警備会社に通報が行き、警察が来ると言うしくみになっている。

で、前半期の通報一覧、というのが事務室から出たのだ。

全部で10回くらい発報したらしいのだけどそのうちの2回が、なんと猫。

○月○日3:48AM、パトカー2台、警察官4人、原因は猫の侵入と思われる。

△月△日11:46PM、警察官7人、 原因は猫の侵入と思われる。

猫、やりますね(笑)警察官もずいぶんたくさん動員されたものだ。
[PR]
by blogbebe | 2005-09-21 20:37 |
2005年 09月 19日 |
マドンナ酷評
[PR]
by blogbebe | 2005-09-19 11:58 |
2005年 09月 18日 |
まだ護国寺では学会が続いていますが、私は今日はお昼から大切なエアロビクスがあったので午前中のみで帰ってきてしまいました。でもやっぱりどうしても気が引けるっていうかやましいっていうか「学会をやめてエアロに行くか?」って感じだったんですけど、学会に行ってれば安心と言うのもおかしな話だし(それじゃあ参考書を買って勉強した気になるのとさほど変わらない)、という言い訳のもと、朝の9時から3人だけ発表を聞かせてもらって、テイラーの中間構文の話を聞こうとドヤドヤ教室に流れ込んできた人ごみに逆らって一人で帰りました。

今日の発表は、1人目に聞いた友人のものはとても面白く、あまり考えたことのない分野ではあったのだけどとてもわかりやすく、さすがでした。頑張って起きた甲斐がありました(^^)

あとの二人は、とても面白いことをたぶん話してくれたのだと思いますが、私にはちょっとわかりにくかったです・・。だからこそ締めにテイラーを聞きたかったというのもありましたが・・。中間構文は論文にもなっているみたいなので(それ以上の話があったのかもしれないけど)そちらを見ようと思います。

そして12時40分からはエアロ。今週と来週で終わりになってしまう、私がエアロを始めたときからずっと通っているイントラさんのクラス。あと2週だからそんなに凝った振りを作らなくてもいいのに、相変わらず手を抜くと言うことを知らないんですね〜。そういうところも大好きな先生。このくらいの難易度のものをこのイントラさんに作ってもらえるのも、来週で終わりなんだなあーと思うととても悲しいですが、でも現実問題として、私自身も少しここまでの難易度のクラスは少しきつく感じてきていたこともあり、良いタイミングだったのかもしれないとも感じます。

10月の半ばには、常連さんたちでこのイントラさんを招いて送別会を開く予定。

あとは、昨日で女王の教室が最終回になりました。ちょっと泣いちゃったけど、でも実はちょっとガッカリもしてました。結局、あそこまでやらないと視聴者は納得しないのかなあと。でも、じゃあどこで終わらせたらいいのかって言われたらとても難しいんだけど。でもあれじゃあやっぱりどうしても「結局、世の中は『カリスマ教師』を求めているのね」ということになってしまい、ある意味、私の大嫌いな「ごくせん」と同じだ。子どもたちにはあそこまで頑張れる力があるのに、それを発揮させてやれないのは教師のせいだ、とでも言わんばかりの。

ドラマ中に、内藤剛志の「大人がかっこ良くないから、子どもはグレるんです」って言うセリフがあったけど、それもちょっとどうかと思う。確かにそういう面はあると思うけど、マヤがやっていた仕事は「自分がかっこ良く生きて、子どもの手本になろう」とかそういうことじゃなく、今の子どもたちに必要なこととして自分が「カベ」になるということであり、それこそがプロの仕事というものであろう。それはかっこいいとか悪いとか、そういう次元ではない。

「なんで先生は教師を辞めないんですか」と聞かれて「子どもは私たちが想像している以上のことをしてくれるから」とマヤが答える場面もあったけど、あれもとてもマヤらしくない、っていうかあんなこと言わせないでほしかったですねえ。マヤが子どもたちから何かを得ようとしているのなら教師を辞めるべきだと思うんですが。先週までの話の中ではそういうことを言いそうになかったのに、なんか昨日のオンエアではちょっと私の理想と違った面がいくつも出てきて・・。「マヤは本当はいい先生なんだ」っていうのがあんなにも明らかになる最終回と言うのは、せっかくのこのドラマに水が差された気分であります。

ひねくれ過ぎ?
[PR]
by blogbebe | 2005-09-18 17:32 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon