高校英語教師の授業日記

思ったことなどを時々書いてます
blogbebe.exblog.jp
by blogbebe
Top
<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
|
|
2005年 10月 30日 |
昨日は夜中の3時までかかってやっと全部見終わりました。冬ソナ。なぜそんなにまでして見るのか?それは先が気になったというよりもむしろこんな生活早く終わりにしたかった(笑)。いやー、終わって良かった。あれを10回見たっていう、同僚の人の気が知れぬ。また、あれに「愛の本質」を見る母の気持ちがわからぬ。私はもう無理。もう二度と見ません。一度で十分。お腹いっぱい。でも一度は見る価値はあるかもしれません。なぜなら夫婦の会話が増えたから(^▽^;)

しかし、韓国って日本に本当に似ているんだなーと改めて思いました。話の展開とか挿入歌の雰囲気が本当に似ている。ついでに出演者の顔も良く似ている。チェ・ジウが「東ちづる」に似ていると夫が言い出したので、途中からもう東ちづるに見えて仕方なかった。サンヒョクのお母さんは「金井なんとか」っていう昔の歌手とか小川洋子に良く似ているし、サンヒョクはいつも行ってるジムに似た人がいるし、チュンサンの会社の次長はパッと見、舘ひろしだし(よく見たら全然似てなかったけど)、ユジンのお母さんは市川悦子と長山藍子を足したような感じだし…もう数え上げればきりがない。「あっ、この人、誰かに似てる。誰だっけ…」っていう時間の多かったこと…。

しかし、これだけ話題になってこれだけたくさんのおばさまたちが大フィーバーしたその理由にはとても興味があります。なんだってあんな「あるわけない」、しかも「なぜか重い」話に夢中になれるのか。ペヨンジュンがステキすぎて、もう内容なんてどうでもよくなったのか。いや確かにジーンとする場面もあるんだけど、もうなんか「愛」っていえば何でも許されるみたいなのがとてもイヤだし、親たちとして出てくる人たちはみんな自分のことばっかり考えてるように見えるし。それをあっさり許す子どもたち(ユジンとかチュンサンとか)も優しいというよりもなんだかちょっと変な「身内主義」に陥ってるだけのような感じだし。

てな話を今日は朝目覚めてからも、お昼に甥っ子の誕生日祝いに義理姉宅に出かけるまで延々続けておりました。いやあ、久しぶりに夫としゃべった(^▽^;)

ともあれ、今晩から平常な状態に戻れると思うと私は幸せです。規則正しい、淡々とした生活が何よりでございます。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-30 19:11 |
2005年 10月 29日 |
と思っている問題いくつか。えーっ、こんなとこに書いていいのか?いや、出さないかもしれないから良いのだ。

これまで生徒から出てきた質問の中でぜひとも考えて欲しいと思う問題を記述で。

(1)赤、青、白、黒などは「赤い」「白い」など「い」をつけて形容詞にすることができますが、紫、桃色、緑などは「紫い」「桃い」「緑い」などと言うことができません。なぜだと思いますか。

(2)「英語はよくわからない記号みたいだ」という意見があります。あなたはどう思いますか。またそう思う理由を答えなさい。

(3)英語の否定形は am not, is notなど、be動詞のあとにnotをつけますが、それはなぜですか、と聞かれたらあなたはどう答えますか。

うちの学校に来る子は、ほとんどが中学校の英語で1か2を取っていた生徒ばかり。でも、侮れないと思いませんか?こういう質問を受けると、ドキッとして、そのあととてもワクワクします。まだここでやれる仕事はたくさんあるなと思います。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-29 23:16 |
2005年 10月 29日 |
a0027280_20542973.jpg

こんばんはどうしてもここのカレーが食べたくて買いに来ましたo(^-^)o
さっき画像送れなかったので再挑戦!!

機種変したんですが、最近の携帯は画像がキレイですね〜
[PR]
by blogbebe | 2005-10-29 20:54 |
2005年 10月 29日 |
いやいや。さすがに今日はまだ見れてません。久しぶりに夜更かししたもので、今朝からずっと熱っぽいし少し頭も痛いし・・。疲れもあったかもしれないけどやっぱり夜更かしは良くない。

韓国ってこれまで全く興味がなく、従って韓国語にもハングル文字にも全然そそられなかったのですが、このドラマを見て少し興味がわきました。

まず、日本語と同じ語がいくつもあること。「記憶」とか「約束」とかそういう熟語に多い。これは日本からの外来語みたいだけど、和製英語があるように、韓製日本語みたいのもあるんだろうか?いやでも同じ「漢字」だからまったく意味も同じなのかな。ドラマ見てる限りでは同じようですが…。

それからこれはきっと韓国人の友達に聞けば分かると思うんだけど、ハングル文字と漢字の割合とかその使われ方とかどうなっているんだろうか?ペヨンジュンが会社の書類にサインするとことかがハングル文字なんだけど、私の知ってる大学院時代の友人はみんな漢字で自分の名前を書いていた。それは日本に来ているからそうしているのか?しかし、日頃使ってないにしては字がみんなうまい。欧米人でいくら日本語を話すのが上手でも、漢字の書き方が上手な人って今まで会ったことがないんだけど、韓国の人は漢字を上手にかける程度には漢字を使っているんだろうか?

それから「ユジン」とか、名前を呼ぶときに「ユジナー」になる。なぜ?夫は「助詞がくっついてそれがリエゾンしている」って言うんだけど、なぜ呼びかけに助詞が必要なんだ?そしていくら助詞がくっついていると言ってもあんなにはっきりリエゾンしているならそれは語尾変化と同じじゃないのか??

それからこれは気付いたことなのだけど、やはりその国の文化なり人間なりに興味がないと、その国の言葉は学ぼうとしないんじゃないか、ということ。そんなの当たり前なのかもしれないけど、私は言語に興味があるはずなのになぜか英語以外には実はあまり興味がない。っていうか、説明してくれるなら聞こうと思うし、とても面白いとも思う。でも、自分でその言語をマスターするまで勉強してみようとかそういう風には「どうしても」ならない。

それはやっぱり、私は今は言語自体に興味がわいてきているけど、それは英語をある程度マスターしたからであって、その前は英語圏の文化や音楽や人や、または英語という言葉のもつ響きなどに興味があったから勉強したんだろうなあ、ということに改めて気付いたのだ。

つまり、私が今教えている工業高校生たちがなぜ英語を勉強しないかということの理由を、私はずっと、ただひたすら「授業がわからないせいだ」と思っていた。だから分かりやすい授業しようと思ったし、「なぜ」に答えられるように自分も勉強しなきゃと思っていた。そのために言語学の勉強は有効だと思っていた。

でももしかしたら彼らは、もちろんそういうのもあるかもしれないけど、そもそも根本的に英語圏の文化などに興味がないんじゃないか?と思ったのだ。そうだとすれば、もっとそっち方面のモティベーションを上げるような授業を作らないといけないし、今みたいに日本製の、そして日本っぽいイラストが入った教科書なんかを使っていては、そういうモティベーションは上がらないんじゃないか?

これまで、そのことは分かっていながらも、やはりちゃんとした「英語」の授業をやらないのは「逃げ」だと思って敢えてやらなかった。歌とか映画とか取り上げているのは、彼らを引きつけるためだけであって、文化に触れさせようとかあまり思わなかった。ただ、勉強したことが本当に使われているのだということを体験して欲しくて取り上げていただけ。

でも、興味というのは人それぞれであるから、すべての人を満足させるようなものは提供できるわけがない。そうすると結局「わかりやすい授業」を目指すしかないんだけど。

何を書いているのか分からなくなってきましたが(^▽^;)

結局、私が今興味を持っている内容を授業で生かすことを考えるよりも、むしろそれはそれとして勉強し、授業はもっと普通で良いのかもしれない。私はある程度英語をマスターしたし、それを教えるという仕事をしていく中で初めて言語学に興味を持っただけであって、それはあくまでも私自身の興味として持っているだけでいいんじゃないか。

2年間も休職したことで、お金の面はともかくとして、現在も休暇が普通の人たちよりもずっと少なく、ちょっと具合が悪いくらいじゃ帰れない状態があるもので、尚一層「勉強したことを生かさきゃ」と意地になっていたけど・・あまりそんなこと考えなくて良いのかもしれませんね。

ま、そうはいっても、自分が知り得て面白かったことというのはついつい人に話したくなるもので、授業中に良い質問などが飛ぶとつい知ってることを全部話したくなるんですがね(^▽^;)しかし話すのがうまくないせいもあり、詳しく話し出すと俄然うるさくなってしまふ。去年はそう言えばKくんになんだったか質問され、詳しく説明しようとしたら「ストップ!それ以上はもういい」と強制終了させられたことがありました(笑)。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-29 19:09 |
2005年 10月 29日 |
木曜日の夜から、あろうことか(?)冬ソナに(今ごろ)はまってしまっているワタクシでございます(*・・*)

ことの成り行きは、夫がネットで配信されている冬ソナを見ていて少し興味を持ったらしく、私も母がかなりはまっていたので興味はあり、夫が見るたびにあらすじを話してくれるので、それをフンフンと聞いておりました。まあその段階では、どっちかといえば「こんなおかしなシーンがあった」とか「こういうところが笑えた」とかそういうのが話の端々に入り、なるほどね〜と思っていたのですが、ネットの配信は週1なので、もっと先が早くみたいと言い出し、母が大切〜〜にしているビデオを借りてきたのが運のつき・・

たまたま木曜日に第10話を夕食後に一緒に見ていたら、あろうことか(また)先が気になってしまい、なんと3話連続で見てしまった!「もう一個だけ見たら寝よう!」と言ったのだけど、気付けば時間はもう12時前。「いやあ、やめた方が良いよ」という夫の賢明な判断で、木曜は寝ました。

しかし昨日はやっぱり眠かった・・(>_<)

そして昨日も13話から16話の途中まで。さすがに16話の途中で「もう疲れたね」と言うことになり、倒れるように寝たんですけどね(-。−;)

完全版の方なので1話がだいたい1時間10分くらいある。しかもCMなし。なので視聴時間は…言うまでもないですねf(^-^;

たまーにはまるとこういうことがあり、以前も「古畑」ドラマをビデオで借りてきて一日に何個も続けてみたりとか、ある夏休みなんかは「一つ屋根の下」がどうしても見たくなって、これもガンガン借りてきて朝から晩までぶっ通しで見るとか。私と夫は共通の趣味はないっていっても良いと思うのだけど、こういう所が一緒…。依存的っていうか、我慢ができないっていうか。

まあまあそういうわけでして、数日間、更新が止まっておりましたm(_ _)m

冬ソナの感想はまた後ほど。「はまっている」って言っても、まあ一度見れば十分かな、ってとこなので、世の「冬ソナファン」「ヨン様ファン」にはとーおく及びません(っていうことは一応強調しておきます(^▽^;))。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-29 10:36 |
2005年 10月 24日 |
なんだか今回の試験は忙しくて、年休も取れなかったしちっとも「試験」って感じがしなかった。今日も2時頃から体は一応あいたのだけど、1年生の採点をしていたら知らぬ間に退勤時間となっていた。本当はあさっての授業準備もしようと思っていたのに・・。明日は会議が二つも入っていてかなり慌ただしいし、どうしましょう。あさってとしあさってと連続で授業があるクラスがあり、そこはもう次の所にどんどん入っていかないと期末まで時間がなくなってしまう。だからもうプリントを作らないといけないのだー。明日、作れるだろうか?

そして1年生は感想に書いていたようにみんな「期末ではもっと頑張る!」というのを実行するのだろうか?・・無理だろうなー。

私もそろそろ落ち着いて、異動関係のごたごたも終わったことだし、また自分の勉強を始めなきゃ。秋は何となく気持ちがいいし、ついどこかに遊びにいきたくなってしまうけど。でも、秋晴れの気持ちのいい日にオープンテラスでランチとかした〜い(⌒¬⌒*)…ですね。久しぶりに学校もサボりたいな。勤め初めの頃は良くサボったんだけどなー。精神的に持たなくて(^▽^;)
[PR]
by blogbebe | 2005-10-24 21:55 |
2005年 10月 23日 |
ガタガタ言っていてはいけない。きっと子どもをもつ世間の人たちは、こんなこと以上にこういう行事がたくさんあるのだ。

ということで今日は朝からマンションの役員会でした。私たちはこのマンションが初めての「持ち家」だから、そんな役員会とかそういうのってよくわからないから〜〜と、先月の総会のときに頼りなさげ〜な雰囲気を漂わせていたら、書記にならせてくれたので、まあセーフってとこですが。しかし今年の役員会は大当たりの年で、ちょうどマンションが10年目の大規模修繕工事の年にあたっているために任期も1年半だし、普通は月一くらいなのがそうも言っていられない時期も来るとか言う話で・・・(>_<)…しかし前の住人がこの10年間、一度もやらなかったとかいうとばっちりがうちに回ってきてしまい、まだ引っ越して1年も経ってないのにこんな大仕事をやらなければならないはめに・・。

この11月くらいから(だっけな?)は、土星がさそり座に入るらしく(←また占い)、「来年回ってくる試練は乗り越えなくちゃいけない」ということなので、きっと来年は忙しくなることでしょう。そりゃそうだ。もし晴れて異動できたとしたらそれはそれで忙しいし、落ちて残ったとしたらきっと担任だ。あーー。いずれにしても天国ではなさそうですね。

そういうわけで今日こそ!と思っていた英語研究会も泣く泣く断念し、役員会でのお話し合いを2時間程行い、午後からは夫が最近集めているビデオクリップを見たりして遊びました♪

ビデオクリップは、マイケルジャクソンとかエアロスミスとかクイーーンとかスイングアウトシスターとか、良く私の知らない人たちもいましたがとにかく洋楽のプロモーションビデオですね。おもしろかったのはマイケルジャクソンのスリラー。懐かしいですね〜。曲が始まる前に寸劇みたいなのが入ってるんだけどこれが結構ウケる(笑)。古いから全然怖くないし。こんなの見せたら、生徒サンたちは喜ぶだろうな〜なんて思いながら。上手にそういうのも教材に入れていけたらいいなと思っています。というか、来年もし今の学校に残ったら、音楽をもっと取り入れたいと思っているので(全部音楽でも良いかともちょっと思ったり(^▽^;))、良いのを探したいと思います〜。探せるかな〜。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-23 19:29 |
2005年 10月 22日 |
今日は実家にいってきた。3週間ぶりくらいかな。3週間で久しぶりなんだから結構帰っていると思いますが、親というのは常に来て欲しいものなんですね。たぶん。ずっと放っておくと勝手にいじけているので困ります(-。−;)ありがたいものだとは思いますが。無条件で受け入れてくれるのはやはり親だけですからね。

でも受け入れてくれると言っても、まあそれは根本的な所であって、表面上はぜーんぜん人の話を聞いてないし、興味ないの?ってくらい勝手なことを言っている。

今日も、面接の話をちょっとして、こんなにひどいことを聞かれた、とかいって愚痴っていたら、「向こうはそういうことを言ってどう反応するか見てるのよ」って、そんなこと分かってますがな!「ひどいことなら昔からお父さんに言われ続けたから全然平気でしょ?」とか「『生徒があなたより英語ができたらどうするんですか?』とは聞かれなかった?」とかさらに追い討ちをかけてくる。とどめは父で、「でも英語教えてるんじゃないからいいじゃないか」と言う。「は?私、英語だよ?」「あれ?国語の先生じゃなかったっけ?」「・・・・・。」あり得ない。

「勉強を教える学校に行きたいんだ」と言ったら「やっと分かってきたか!」「もうちょっと早くそういうことに気付いていればねー」「あんたはいつもそうやってタイミングが悪いのよ」「そうそう、何でもそうじゃないか」「・・・・・。」子どもの頃から親に反発して、本当は親が良いって言っている方向が私にとっても良い方向なのだと気付く結果になるくせに、初めは反抗して別の方向に行ってしまうために、軌道修正にかなり時間がかかる。そういうこと「ばっかり」やってきました。分かってますがな!!

そうやって私を散々コケにして、二人はとても嬉しそうに高笑いしていました。・・これも親孝行か?・・てか、そうやって私をコケにするから、子ども時代の私は反抗したくなったんじゃないかっっ!!・・とは言えないんですけど。傷つきそうだから、あの人たち。

かように、子どもというのは親に弱いものなのでありました。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-22 22:11 |
2005年 10月 22日 |
落ち着いて学校で仕事ができるというのは本当にありがたい・・。今年初めて研修も受けたりしているのだけど、そのときも授業を変更して学校をあわててでないといけなかったり、最近の2つ連続の面接&模擬授業で、学校に対しても生徒たちに対してもあまり落ち着いて接することが出来なかったので、昨日は放課後に試験の採点をしながら、あろうことか「幸せだなあ」と思ってしまった…採点中に幸せを感じるなんて異常だ(- -;;)

だいたい、学校としてこんな忙しい時期に面接や模擬授業をやらせるというのはどういうことなのだろうか?確かに希望して受けにいったのはこっちだけど、あんなことしてたら希望するべき人も希望できなくなってしまう。学校のなかで一番バリバリ働いている有能な先生たちは、「そんなヒマないよ」と現任校の仕事に集中するであろう。本当にいい先生を集めたいと思ったら、公募なんて待ってないで、都教委は足を使ってあちこちの学校を回り、評判を聞き、いい先生を引き抜いてくるべきである。こんなことしてたら私立に勝てるわけない。またはこういう試験こそ、夏休みにやるべきじゃないのか?夏休みに受けにくる人なら本気だろうし。時間のやりくりも部活程度ならつけやすいし。何よりこっちの授業をやりながら別の授業案を作るというとんでもないことをしないですむ。

と言ってみてもおそらく都教委には届かない。普通、平の教員が都教委に声を届けようと思ったら校長を通さないといけないのだけど(そうしないと校長が怒られる)、うちの校長は都教委に意見なんか言ってくれるような(それが自分自身の意見ではないにしても)人ではない。悪い人じゃないんだけど、わりとシッポふりふり系なので(-。−;)

でも、この少し忙しい時期が終わったら校長に頼んでみようかとも思っている。

そういうわけで昨日は午後からずっと1年生と3年生の試験の採点をしておりました(^^)

しかし水曜まで面接があったこともあり、実は試験は木曜に一気に3種類作るという荒技に出たため、これまでになく悲惨なものでした・・・生徒、ごめんよ。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

何が悲惨って、まずは3年生。3年生はリスニングの授業が主なのでそういう問題が中心になるのだけど、放送設備を使いこなせない私はデッキを持って2クラスを回るのが常なのですが、昨日の問題はリスニングの占める割合が大きすぎたため、私がいかないと試験が出来ないし、私が他のクラスに移動してしまうとこれまた解ける問題がなくなるという・・。それなので、全部で大きい問題が5つあったのですが、2つ、2つ、1つにわけて二つの教室を行ったり来たり。時間は足りるかと思っていたのに、一方のクラスは最後の1つが時間内に放送しきれず、チャイムが鳴ってからも1分くらいオーバーしてしまったという。。しかもあとから清書しようと思っていた子がいたらしく(時間見てよ、って思うけど)、「清書が終わらなかった」とあとから憤然と抗議されました。ふうぅー、とため息をついて頭を振られてしまいました・・ひぇぇ〜、ごめんよーーo(;△;)o

でまあそういうことのお詫びもあり、配点をちょっぴり変えて、みんなが良く出来ている記号問題を一問2点にしてみたりしたら、108点満点になってしまいました・・(-。−;)しかしこれくらい今回はおまけか、と思っております。。ダメだなあ、こんな試験作っちゃ。そもそも時間ギリギリで作るからこういうことになる。都教委!!!!(←人のせいにしてる?)昔ならこういう状況でも、寝ずに作れば何とかなったのですが、今は「寝ずに」ってのができない。(←年のせいにもしてる)

1年生のテストは大丈夫でした。いや、大丈夫じゃないな。同じ単語が問題のなかでダブらないようにするのが大変なんだけど、今回は結構ダブってた。試験中に回っていったら、生徒に指摘された。「先生、これ、やっちゃった?(笑)」と言われた。うおー・・やっちまった。ま、「試験問題を良く見る」といういい練習になることでしょう(なんといい加減・・)

それでもBクラスの方は使える単語がなくなってしまい、5点分はまた感想にしてしまいました。そしたらみんないいこと書いてきてくれて…。「かっわいいなあ〜」と微笑んでしまいました。コピーして取っておこうかしらσ(^_^;)

褒め言葉というのは、ドラゴン桜にも書いてあったけど「具体的に褒める」というのが効果的ですね。ただ「わかりやすかった」と書かれるよりも「中学校のときはこれこれこうだったけど、高校にきてこれこれこういうふうになってわかるようになった」とか、「授業のなかのこういうところは自分にとってはとてもありがたい」とか「これこれこういうやり方はとてもやる気が出る」とか…。オホホ、ちょっと自慢入ってます〜(笑)?頑張ってるんだからたまにはいいですよね(^▽^;)

そういえばドラゴン桜、同僚の人に借りてとうとう10巻まで読みましたが、あれは結構おもしろいですね。以前、「勉強ってあんなもんじゃないだろう」というような印象を書いてしまっていましたが、まあ確かに今でもそれは拭いきれてない部分はありますが、でも具体的な勉強法の紹介の仕方はかなり良いと思います。英語も、そういえば私も高校時代は体を使って覚えたし(みんなが夜寝てしまってから、台所の机の周りをグルグル回りながら教科書を暗記した)、音読テープはずいぶん一緒に読んだりしたし、リスニングよりもむしろ読みの練習をずいぶんしたような気がします。クラスのみんな、英語の時間に当てられて読むとき、中学の頃はみんな恥ずかしがってなのかなんなのか「カタカナ読み」が主流だったのに、高校に進んだらみんな真剣にちゃんと英語っぽく読もうとする雰囲気で、私も負けじとかっこ良く読もうと練習したのでした。・・・いい学校だったなあー。やっぱり母校に行きたい・・と思ってしまいます。もう雰囲気はすっかり変わってしまっているでしょうけどね。私立じゃないし。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-22 09:27 |
2005年 10月 19日 |
今日、やっと最後の面接が終わりました。やっぱり面接は苦手です。特に今回のような、いわゆる「圧迫面接」は。どんどん追いつめられる。自分で選んだこととはいえ、明日からやっと普通に学校で仕事ができると思うと、それが何よりも嬉しく感じます。

しかしもし晴れて異動できたとしても、忙しくなって聴講とか研究会とか行けなくなったらどうしよう・・それが今最大の悩み。風邪を引くしかないか。しかし年休も限られているし。まあいざとなったら病休か。・・って何やってんだ私?

そう思うと、落ちた方がいいかもという気持ちもなきにしもあらず。。微妙ですねー

明日から試験。あさっては1年生と3年生の試験があります。1年生はAとBの2種類、3年もあるので計3種類明日のうちに作らねばなりません。その上、一年生の補習も明日はやるつもりでいて・・それはどんなに遅くなっても3時には切り上げようと思っているので、そのあとが勝負!!構想はだいたいできているんだけどまだ一文字も作ってない。さて、何時に終わるでしょうか?こんなに慌ただしい試験は教師になって初めてですね。
[PR]
by blogbebe | 2005-10-19 23:05 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon