高校英語教師の授業日記

思ったことなどを時々書いてます
blogbebe.exblog.jp
by blogbebe
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 10月 30日 |
a0027280_226473.jpg村上春樹 「沈黙」

私のお薦めは絶対この本。私自身がどれだけ胸がすくような気持ちになったか。強烈な体験じゃなくても、日々、こういうことはある。仕事で辛いときにもおすすめ。
[PR]
by blogbebe | 2006-10-30 22:07 |
2006年 10月 28日 |
久しぶりに風邪を引いた。木曜の1時間目が終わったあたりから「へんだなー」って感じになってきたので、保健室で風邪薬をもらい、なんとか一日過ごすことができた。金曜は朝からおかしかったのだけど、休むわけにはいかず、まあ行けないこともなかったので薬を飲んで出勤。一日中、相当やばかったけど、時々ぼーっとして何を言っているのか分からなくなってしまう危険(でも逆にふわふわして気持ちいい感じ)をもちつつ早退もせず勤務。

偉すぎる。

しかし、うちのクラスは風邪で倒れて休む子が続出。…移した?(^_^;)
[PR]
by blogbebe | 2006-10-28 19:16 |
2006年 10月 19日 |
4月にこの学校に赴任してきたとき早々に問題を起こした子で、どうしてそんなことをしたのかという話をしているときにその子の現在の心境を聞き、ものすごく共感し、こんな風に自分を客観的に見ることのできる中2がいるのかととても感動したことがあった、ということを書いた。

その子が後期のクラスの学級委員になった。

ちょっと早いかな、来年かな、と思っていたのでやや心配しているんだけど、これまでの所立派に仕事をこなしてくれている。でも表情は今ひとつ優れなくて、っていうか、自分のやりたいこととやれることと、それから周りからどう思われるかということのせめぎ合いで毎日緊張していることがひしひしと伝わってきて。

でもすごくすごく頑張っている。すごいなあと率直に思う。「子供に教えられる」と言う大人が多いけど、なんかさぼってる気がしてすごくいやだったんだけど、それを自分も感じていることを認めざるを得ない。

人間は成長するのだと言うこと。変わるのだということ。

たぶん私が「どうせ人間なんて変わりっこない」と思っているからかもしれない。でもそう言う意味ではもしかしたら彼も「本来の自分」になりつつあるだけなのかもしれないけど。そういえば彼のお母さんもそんなことおっしゃっていたなあ。だから「人は変わるのだ」というよりもむしろ「人は強くなるのだ」と言った方がいいのかもしれない。

これは担任をしてないとわからない醍醐味である。この子の成長を見られるだけでも今年は無駄ではなかったと言い切れる。…あと半年あるけど(笑)
[PR]
by blogbebe | 2006-10-19 20:16 |
2006年 10月 12日 |
私が竹岡先生にあこがれるのは、「好きだったら上達する」ということを基本においていることと、「子供たちはこの10年で何も変わっていない」ということば、そして「なるべく壊さないように」「伸びるときは彼等が勝手に伸びるのだが、壊れるときは教師によって壊されるのだ」ということば。本当にそう思う。

私なんかよりすごい子たちはたくさんいる。いろんな意味で。それを壊したくない。だから余計なことを言いたくない。私ができる範囲、っていうのをわきまえていたい。…のに。

好きだからやる気になるのは当たり前。好きじゃないことを努力するのは私自身が好きじゃない。自分ができないことを人に強要するのは、人としてどうかと思う。
[PR]
by blogbebe | 2006-10-12 19:31 |
2006年 10月 12日 |
a0027280_1817960.jpg

高知の学校に2つ、同僚と一泊で行ってきた。両方とも英語教育で有名なところ。授業を少しだけ見せてもらい、英語の授業についていろいろとお話を伺ってきた。

しかし一番印象に残ったのは、その敷地の広さ。やっぱりいいなあ、あんなに大きな校舎と、一体一周何百メートル?っていうくらいの広いグランド。そして余裕のある校舎の造り。やっぱり学校はゆったりしてなくちゃ。それから風通しのいい大きな窓と、大きな黒板。先進的な物は何もなかったけど、それよりもなにかとても落ち着いた雰囲気が感じられた。パソコンなんて完備されてなくたって、勉強しようっていう気持ちにさせてくれる感じがした。

英語教育については、私はやっぱり今の流行のにはちょっとついていけない。というか純粋に「すごいな」とは思うのだけど、じゃあ自分がやってみたいとかそう言う風には全然ならない。むしろドラゴン桜のモデルになった竹岡先生の方がずっとあこがれる。(NHKの「仕事の流儀」の竹岡先生の巻を買ってしまいました(^^ゞ)

それにしても今日面談した保護者には参った。いきなり塾の話をされた。公立学校から塾に転向した小学校の先生の話。見透かされてるかと思った。まるで私が面接されてるような…。後からよくよく聞いてみたら、人材派遣関係のお仕事をされてるらしい。うーん。だからってこんなに簡単に見透かされているとは。隠していると思ってもきっとバレバレなんだろうな。

写真は、高知県の桂浜。綺麗でした。坂本龍馬記念館も、時間がずいぶんあったのでかなりゆっくり見ることができた。じっくり見るとやはり面白いですね、ああいう記念館は。特に坂本龍馬とか興味なかったんだけど、十分楽しめました。「坂本龍馬って江口洋介だっけ?」と夫にメールして閉口されましたが…。(←NHK大河の新撰組の話です)
[PR]
by blogbebe | 2006-10-12 18:17 |
2006年 10月 08日 |
だいぶ秋らしい日が多くなってきました。今日は晴れて本当に気持ちが良かった。

朝、早朝の散歩をし、その後久しぶりの英語研究会。本当に楽しかった。今日は夫が「野球に行きたい」と言っていたのだけど、一人で渋谷のスポーツバーに行かせてしまった(^◇^;)「一緒に英語に行こうよ」と言ってみたのだけど、ダメでした。英文科なのにね。少なくとも私よりは英語ができると思うんだけど。

で、私は帰ってきてから、もうずうっとやりたかった大掃除をした。…って言っても、リビングに山積みになってた本とか放置されてたいろんな郵便物とかを整理しただけなんだけど、ホコリはつもってるし結構大変だった。

4月から本当に忙しくなって、土日の掃除も思うようにできず、同僚の中にも「ホコリじゃ死なないからって夫は言ってくれるんだけど、私がいやなのよ〜」と言っている人がいるけど、私も同感。別にきれい好きって訳じゃないのだけど、こう部屋が汚くなってくるとさすがにストレスがたまる。

で、やっと掃除が一段落したので、買い物に行って今は「キリン・秋味」を飲みながらこれを書いてるところ。明日も休みってうれP ←死語
[PR]
by blogbebe | 2006-10-08 17:44 |
2006年 10月 04日 |
なんと9月にはひとつしかアップしなかった!理由はあまりないのだけど、なんとなく書く気がしなかった、っていうか書いても愚痴ばっかりになりそうで。愚痴言うのはスッキリするけど、でも書いてる自分が嫌だし、そんなこと書くなら状況変えればいいじゃないかとか思うし。そして何より、書いても解決しないし。しかも気持ちがころころと変わるので、何となく書きづらかったのでした。

最近気づいたこと。昔は子供が好きで、教えるのが好きで、一緒に勉強できればいいや〜とか思っていたけど、知らないうちにそうでもなくなっていた。これは年のせいか、職場のせいか、忙しさのせいか、または元々持ってる性格のせいか。大人の中にいるとホッとする。っていうか、一人でいたい。人の中に入っていくのがいやってわけじゃないけど、面倒くさい。気まま〜〜〜にしてたい。

先週から東京言語研究所の聴講にまた行き始めたのだけど、講義自体ももちろん面白いのだけど、その空気に触れていることが心地よくてしかたない。週初めからそんな空気に触れてしまって、火曜から仕事に行けなくなるんじゃないかと思っていたのが、忙しさだけではないもう一つの行けない理由だったのだけど、だいぶ職場とも距離が保てるようになったから、きっと大丈夫!と通い始めてみた。…やっぱり気持ちを戻すのはちょっと大変。だけど頑張るぞ。通うのを頑張るのじゃなく、ちゃんと仕事に気持ちを戻すことに頑張るということ。

物事、あまり深く考えなければたいしたことない。今のこの状況を変えなきゃいけないんじゃないかとか、もっと向いている職場があるんじゃないかとか、そう言うことを考え出すとずっと考えちゃって辛い。あと半年、なるべく「考えない」ことが課題。

そうすると「考えた方がいいんじゃないか」と考え出すのが私のクセで、結局まわるだけなんですけど。
[PR]
by blogbebe | 2006-10-04 21:00 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon