高校英語教師の授業日記

思ったことなどを時々書いてます
blogbebe.exblog.jp
by blogbebe
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 03月 31日 |
なるほど…と思わせてくれる文章に出会ったのでリンク。

「専門家」の3つの大罪

ある人がその専門の道に行こうと思うのは、「その世界を何とかしたい」あるいは「その世界をもっと知りたい」と思うのが動機のはずである。
でもそれはその人の好奇心であって、他人の好奇心ではない。
つまり、他人を自分と同じような好奇心で満たすことは出来ない、
自分と100%同じところに疑問を持ったり興味を持ったりする人はいない、
ということがやっていくうちに少しずつ分かってくる。

そうするとどうなるか。

自分の興味は自分にしかないのだなあ、といつか小さなあきらめを経験するのではないか。
そして他人にそれを伝えようという気持ちを少し失うのではないか。

それは悪いことではない。いいことでもないけど。

それが私のやってる分野みたいに「命に別状ない」ことならいいけれども
今回のような原発のことや、あるいは放射線関係のことだったらどうなっているだろうか、と考える。国民は素人だし大勢いるから、このあたりのセンで収めておくのがいいだろう、というような計算はないか。本当のことを知っているのは自分だけでいい、だって他の素人には分からないから、とちょっと思ってしまってはいないか。

また、少し話は変わるが、医者である父が昔言ったことでとても印象的な言葉がある。
それは、「病気は治せない」という言葉。
進行を遅らすことは出来るかも知れない。
もちろんそれはとてもありがたいことで、そうやって医療は進歩してきたし
私自身もその恩恵を沢山被っている。
でも、たぶん医者だって子供の頃は「病気を治してみんなを救いたい」と思っていたはずで
それがやっていくうちに無理だと言うことに気づき、
もちろん貢献はしているけれども100%助けることは出来ないと気づいて小さなあきらめを経験するはずだ。

仕方ないんだ、命あるものはいつか消えるんだし、と思って。

で、原発の専門家、放射線の専門家、政治家はみんな
もしかしたら「こんな世の中なんだからみんなも諦めてね」と言っているのではないか
と、先ほど紹介した文章を読んで私は思ってしまった。
でも「こんな世の中」を本当に私たち全員が求めたか、というと
そんなことはないのではないかと思うのだ。
さんざん便利な生活を提供しておいて、ほら、こんなに快適でしょう?と言って
こういう生活を続けるためには原発は必要なんだよと
もう生活を落とせなくなってしまってから説得する、という手法。

もちろん最初からそのつもりはないだろう。
便利なことはいいことだという価値観の中で今までは進んでいた。
でも、別にそうでもないんだ、という人たちも増え始めていて
田舎暮らしがはやったりする。

原発に反対している緑の党が第一党になったドイツのように
日本も勇気を持ってそっちの方向に進まないだろうか?
少なくとも今回のような事故の後で、そう思っている人は少なくないと思う。

私はその自分の感覚をきちんと認識していきたいなあと思う。

しかし文章にすることって難しい。
[PR]
by blogbebe | 2011-03-31 07:55 |
2011年 03月 30日 |
結局、何もできてないのは自分なのである。
[PR]
by blogbebe | 2011-03-30 18:52 |
2011年 03月 30日 |
日本人はとてもいい人が多い。ボランティアに行ったり、募金をしたり、多額の寄付をしたり。
でもリーダーが少ない。てか、いない?
ボランティアに頼っていていいのか?寄付に頼っていていいのか?という根本的な問題を解決する人がいない。問題提起する人もいない。
日本人一人一人の「人の良さ」で、この国は持っているのだなあ、と思う。
これは教育の成果だと言う人もいる。
そうであるとすれば、その良さを維持しつつ、これからはリーダーを育てていかなければならないと思う。
でも、そもそもリーダーって何だ?私にも良く分からない。

(私も含めて)よく知らないことに対してすぐに感情的に批評する人が多い。
東電はダメだとか。知っている人が言うのなら聞く耳を持つけど
誰かを悪者にしてそれ以上考えるのを止めるのはやめた方がいいと思う。

風評被害で自殺された農家の人がいた。
気の毒すぎる。
でも、テレビに出てくる農家の人たちも、こんなことを言ったらひどい人と思われそうだが
政府に「何とかして欲しい」と言ってるだけじゃなくて
「これは風評被害なんだ」ってことを自分たち側からも説得して行かなきゃいけないと思う。
農協の協会長も、政府に申し入れに行くだけではなくて
自分たちで放射性物質の含有量を調べてそれを発表するとか?
難しいことなんだろうか?
テレビもそろそろネタ切れしてるから、
そうやって農家の人が出演したりしたら喜ぶと思うけど。

農家で言えば、以前勤めた学校で行った、ある東北の地域の農家の人たちは
市場に出す米と、自宅で食べる米は分けているって言ってた。
もちろんそういう人ばかりじゃないと思うけど。
それに、たぶん自分たちだって逆の立場になったら
「福島県産の野菜は怖い」って言う人は多いのではないか?
確かに本当に気の毒だとは思うし
私自身、きちんと情報を持って対応したいと思うけど
そういう「普通の人が普通に思ってしまうこと」を想像していかないと
単なる「被害者」で終わってしまうよ。

最近テレビで引っ張りだこの池上彰さんの番組を昨日見た。
「水を沸騰させると放射性物質は濃縮する」って言ってた。
ウソじゃん。。
知らないで言ったのかな?
[PR]
by blogbebe | 2011-03-30 09:52 |
2011年 03月 22日 |
さっき、9月15日の記事で書いた生徒から、合格の知らせが来た!
何度落ちたろう…滑り止めが一つだけ受かっていたけど
今日受かった大学にとても行きたくて、A,B,C3つの日程を全て受け、
Cは地震で延期になったので昨日試験だったのだけど
最後まで本当に良く頑張って
見事、合格を勝ち取った!!

レベルの高いところを狙って合格するのもいいけど、
この合格は本当に本当に嬉しい。
メールが来たので電話したら、「何か不思議〜?」と本人は飄々としてましたが(笑)
私の方が泣きそうだったよ。
[PR]
by blogbebe | 2011-03-22 17:34 |
2011年 03月 14日 |
今日は普通に出勤しました。
が、電車に全然乗れず…30分も遅刻してしまった。
今日なんか学校は休みにすればいいのに、と本当に思いました。
親御さんも心配でしょうに…
でもどうして学校に行かせるのか、というのも疑問。
私が親だったら休ませるなぁ。

結局、4時間目まで授業(!)その後、
もともと今日は「採点日」で午前授業だったので下校。

大きな余震があったらどうするつもりだったのでしょうね?
地域から来てない人は沢山いるのに、また帰れなくなって面倒見るつもりだったのか?

よくわかりません、上の考えることは。

で、生徒さん達が下校したので
私も午後半日休暇とって帰ってきました。
本当は午後、ジムに行きたかったのだけど、さすがに今日は我慢。
無駄な電力使わないようにとのささやかな我慢。

話題になっている New York Timesの記事を読んだら
…我慢しなくちゃなっていう気に余計なってしまった。。
Sympathy for Japan, and Admiration

日本人のこのような国民性は言葉にも反映されてると書かれているところが
特に面白かったです。
そのような用語があるってことはそのような「考え方」の括りがあるってことですものね。
言葉が人間の思考を100%表す(逆も)とは言い過ぎなのは当然ですが、
そのような「物の見方」がある=その概念を表す「ことば」がある、ってことですから。
[PR]
by blogbebe | 2011-03-14 17:14 |
2011年 03月 13日 |
どうして全部の民放が同じような地震報道をしているのだろう?
そんなに沢山でやる必要がある?
ヘリを飛ばすなら救助すればいいのに…
SOSを写してる人はどういう神経をしているんだろう?
必要なことなのだろうか?

東京は東北に比べたら全然大した被害がないのに
「大丈夫だった?」となぜメールのやりとりをする必要がある?
お互い無事で良かった…って、この津波も来ない安全地帯にいながら
そんなことがどうして言えるのだろう?
東北の人たちの状態を知りながら、無事で良かったって…
そりゃ無事で良かったけど…

おとといは、職場から夜11時過ぎに電話。安否確認ですって。
何言ってるんでしょうか。
動員命令ならともかく。
おままごとみたいだよ。

昨日のスーパー。
みんな米やらなにやらをやたらに買ってる。
私は、普通にパンと牛乳がなくなったから買おうと思ったのに、もうない。
その上、ものすごく混んでいる。
レジに並んでいたら後ろのおばさんが一言、
「みんな考えることは同じなのね〜」
…同じじゃないですから。
この東京で、買い占めなんて恥ずかしくないのか。


そしてまた友達が減るんだなー、私。

「大丈夫だった?」という連名のメールに返事を出してない。
あと一人だけその中で返信してない人がいる。
その人も私と同じ気持ちだろうか?
[PR]
by blogbebe | 2011-03-13 17:45 |
2011年 03月 05日 |
昨日、卒業式が行われました。

暖かい、本当に良い式になりました。

人間の成長を見ると言うことはこんなにすごいことなのかと
ただ感動しています。
英語を教えるって事もあるけど
それよりももっともっと大きな事を私自身が学んだ気がします。

学校は勉強するところ。
教科の学習を通じて、論理的思考を身につけ、知らなかった世界を知り、
自立していくところ。
でも、そこに共に学ぶ仲間がいることで
彼らはもっと大きなことを学ぶ。
友達を作るとかそういうなんだか薄っぺらいことではない。
そしてどんどん変わっていく。

すごかったです、この5年間。

このご縁をくれたすべてのものに心から感謝します。
[PR]
by blogbebe | 2011-03-05 22:23 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
新緑 Skin by Sun&Moon